人は一人では、生きていけません。人類の長い歴史の中で、第二番目のD.N.Aといわれる言葉を得た人間は、厳しい環境のもと、コミュニケーションを通して、生き延びてきました。

 人と人とのコミュニケーション。それは人間社会の根底にあるものです。この姿は、技術発展の著しい二十一世紀でも、変わりません。そのコミュニケーションの空間を一気に広げた印刷技術は、文化の発展に大きく寄与してきました。紙という媒体に印刷しコミュニケートする技術は、その素材の自己完結性、再生循環性、印刷の利便性、採算性において、今でも時代の最先端を走っており、今後も、消えることはありません。

 わが社は、この基本を大切に、時代の新技術も取り込み、企画、品質、コスト、スピードの四位一体で、お客様のニーズに応え、コミュニケートしていく会社であり続けたいと思っています。

日本製紙グループへ